ホーム > PRODUCTS(製品紹介)> MBK > お取り扱いの注意点

お取り扱いの注意点


1.完成車組み立て時のご注意

完成車への組み立て時には、専用の工具を使用し規定の締め付けトルクを遵守・尊重され確実な作業を心がけてください。 例えば、シートポストをシートチューブに挿入する際には、シートポストの全長・外径などを十分に確認され、フレーム内部に損傷を与えないよう十分ご注意ください。又、シートクランプの締め付け具合、カーボンフォークの取扱い等につきましても最善の注意をしてください。


軽合金並びに複合素材(カーボン等)で出来た自転車の取り扱いには、十分な知識と経験が必要になってきます。

誤った認識や無知、それに伴う誤った作業や軽率な作業手順、適切な専用工具の不使用等によりフレームや構成部品等に損傷を与えた場合は、クレーム(保証請求)の対象となりませんのでくれぐれも十分ご注意ください。保証請求ができるのは、「製造上の瑕疵」から生じた不具合に限ります。

レースでの過酷な使用、その中での転倒・アクシデントから生じたトラブル、その他本来の使用目的、適切な使用方法から逸脱した乗車行為による損傷などにはクレームは適用されません。 機能上問題のない感覚的現象につきましても、特段の事情がない限りクレームの対象となりません。ご不明な点は、当社までお問い合わせください

2.乗車前点検・定期点検

乗車時には必ず乗車前点検を行ってください。
ご購入後、1ヶ月から2ヶ月以内に初期点検をお受け下さい。定期的な点検を走行距離を勘案のうえ半年~1年ごとにお受けすることをお勧めします。また、異常を感じた時は速やかに随時点検をお受け下さい。
万一、転倒・衝突などに遭遇した場合はご使用をやめて速やかにMBK販売店の修理・点検を受けて下さい。

3.安全にお乗り頂くために

交通規則を絶対に守って下さい。一般道を走る際は、ベル、リフレクターなど保安部品を取り付けて下さい。
突然発進や、突然ドアが開く可能性があるので、自動車の横を走行する場合は注意して下さい。
夜間・悪天候(雨、風、霧、路面凍結)の走行は特に注意して下さい。夜間走行時は必ずライトを装備して下さい。
安全な走りを楽しめるよう、常に自転車を良好な状態に保つことが大切です。
一度は出会う不測のトラブルに備えて、常に修理キットを自転車に装備することをお勧めします。
自分で自転車の部品を改造しないで下さい。特に安全に直結するブレーキ、タイヤ、サドルやハンドルバーなど。
移動のためにホイールやシートポストを外す必要がある場合には、再び使用する際にクランプ、ネジ、クイックリリースなどを締め忘れないで下さい。
自転車各部の構造・自転車の特性などをよく理解して下さい。
走る際には常にヘルメットを被ることを強くお勧めします。明るい色で目立つウエアも同様です。

4.クリーニングと保管

必要な時にはいつでも自転車全体をクリーニングすることをお勧めします。
自転車の本来の性能を保ち、寿命を延ばします。そして雨、泥道、好ましくない環境で使用した後は特にお勧めします。
クリーニング後の注油などは必ず行って下さい。自転車の長期(60日以上)の保管は何らかの予防や保護手段を用いて下さい。

PAGE TOP